尾崎放哉の洗濯物が電線に引っかかってる

電線に洗濯物が

私の”ナンカカッコイイ”センサーが凄く反応する、自由律俳句で有名な尾崎放哉という俳人。「咳をしても一人」という句は有名です。その方が晩年過ごした小豆島(しょうどじま)は、とても風の強い所だったそうです。

その事とは関係ないとは思いますが「するどい風のなかで別れようとする」という句があります。

画像の電線に引っかかった洗濯物を見た瞬間、尾崎放哉が晩年風の強い小豆島で、突風により洗濯物と別れさせられている(飛ばされる)イメージが脳内を一杯にしてくれました。

絶対そんな愉快な句ではないと思いたいのですが、私の中では尾崎放哉は洗濯物を飛ばされ悩まされて苦悩の中、生まれた句だとインプットされてしまいました。

かぴに尾崎放哉を知っているかと聞くと「豊なら知ってる」と返ってきました。

 
・・・調整中・・・
2017年09月11日のメモ
ちーぱか・漫画家
ちーぱかです。お寿司はサーモンが好きです。こだわりもあります。チーズを上に乗せて炙ってあるものでなければなりません。 はい!炙りチーズサーモンが好きです。他にもピザやチートスも好きです。つまり、チーズが好きです。 あと、漫画やイラスト描いてます。お仕事のご相談は片隅舎/ちーぱかにご連絡下さい。
おすすメモ
ちーぱかラインスタンプ永遠の子やぎ第2弾
ちーぱかラインスタンプ永遠の子やぎ
片隅舎ちーぱか
ふちかぴ
フリーランス漫画気づけばふわっとフリーランス
ちーぱらレシピブログ
ちーぱかラインスタンプかぴぐらし
comicoかぴぐらし
かぴぐらし